カーネクストなら廃車を買取してもえる

カーネクストで廃車の買取価格を調べよう!!

カーネクストなら廃車を買取してもえる

廃車の処分をする前に

ディーラや中古車販売店で査定価格0円と言われたり、ボロだから廃車と思い込み、車の処分を依頼する前にもう一度査定をしてもらいましょう
 

 

私は車を乗り換えるために中古車販売店にて車選びと下取りの査定をしてもらいました。

 

下取りの車は平成17年式、パッソ、走行距離22万km、車検が1年ほど付いてました。

 

 

お世辞にもイイ車とは言えない程度です。。。

バンパーはキズだらけ。。。

左側面もサビがひどくボロボロです。。。

おまけに走行距離は20万kmの大台をすでに突破済。。。

 

エンジンやミッションの調子は良く、まだまだ乗れるため買取価格3万円ほど期待してましたwww

 

査定を終え、戻ってきた営業マンの一言『申し訳ありませんが、査定価格は0円です。』とショックな回答。。。

 

続けて『車は廃車処分となりますので、その費用は5万円かかります。』とのこと。。。

 

覚悟はしていたものの、心苦しい一言でした。。。

 

しかも、5万円とは痛い出費です。。。

 

そのショックで返答は持ち帰らせて頂きました。

 

廃車だったのが12万円!!

しかし、帰り道よくよく考えると

 

『年式も10年以上経って、走行距離も20万km以上走ってる。自分だったらこんな車買わないな。。。』

 

と思い廃車する気持ちに傾きました。

 

『ん?待てよ、今年度払った自動車税はどうなる?車検の残り分の重量税は?自賠責保険も残っているはず!!』

 

これだけでトータルで5万円は返ってくるはずと思い、『廃車だけ頼んで自分で抹消手続きをしよう』と調べまくりました。

 

印鑑証明、解体証明、実印。。。必要な書類が他にもあり、そもそも陸運局に行く時間なんてありません。。。

 

そんななか、車買取のサイトを見つけ、トータル10サイトほど申し込んでみました。

 

それぞれに査定してもらった結果。。。

 

なんと、最高買取金額は8万円!!

 

さらに自動車税、重量税、自賠責保険料の還付まで含めると約12万円!!

 

もちろん面倒な手続きもしてくれる♪

 

車屋さんに頼めばマイナス5万円だったのが予想外の収入です♪

 

当初の希望金額より上で、車屋さんに廃車扱いされたことを考えると納得の金額です!!

 

 

しかーし!!

 

 

10サイトも申し込みなんて面倒臭い!!

 

 

そこで!!

 

3分で国内外の買取最高値をたたき出すポイントをまとめましたので、是非参考にしてみてください↓

 

廃車だった車を12万円で売った方法

なぜ、廃車が12万円で売れたのか?

 

私が実践した方法を教えましょう!!

 

ココでのポイントは3つだけ。

 

★売り先は国内だけじゃない!!

ポイント①海外相場と廃車買取り相場をチェック!!

【カーネクスト】とは

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、手続きサービスを完全無料化。また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、独自で培ったノウハウを生かし、横浜、名古屋、大阪、神戸などの港からアフリカやミャンマーへ出荷されています。

 

必要項目に入力で海外相場が分かります!!

おおよそ20秒後に概算金額が表示されます♪

★『もしかしたら中古車市場でもまだ売れるかも。。。』

ポイント③中古車市場の相場を調べる

かんたん車査定は中古車の買取査定サイトの決定版!! 

今すぐネットで愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」

簡単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり!!

ボタン一つで あなたの中古車の最高額が分かります!

フォーム入力後↓このように最短1秒でおおよその査定金額がPC、スマホ画面に表示されますよ♪

★廃車買取の比較に。。。

ポイント③廃車買取業者の比較をする

★廃車ひきとり110番の廃車・不動車の買取 廃車無料見積・査定サービス★

全国対応の廃車引取りサービス!!
1 引取り無料
2 廃車書類手続き無料
3 買取店、ディーラーで0円と言われた車にも、ほぼお値段をおつけします 買取実績90%以上!
4 自賠責保険、自動車税や自動車重量税の還付金もお渡しします!
5 日本全国の廃車引取りネットワークで対応致します!!

 

各社それぞれの知識や強みで廃車と思っていた車が驚くほど高く売れるはずです!!

 

最終的に12万円で売った業者さんはカーネクストさんでした。

 

私の車の場合、海外で非常に人気が高く、輸出によく出るそうで、ここまでの金額が可能になりました。

 

この輸出に出る車というのは不定期に車種が変わり、国内では人気がない車でも海外では人気があったりするそうです。また海外では年式や走行距離などおかまいなしとのこと。。。この輸出に関しては、一般の車屋さんやディーラーさんには情報が入らずわからないそうです。。。

 

また、リサイクルとしても自動車には鉄やアルミ、銅など様々なリサイクル資源の宝庫のために高価買取が可能なのです♪

 

結果、国内の大手中古車販売店と複数の買取業者の買取価格が簡単に調べることができ、後悔せずに売れただけでも満足でした♪

 

その後、私は買取ってもらったお金で次の車に最新のナビを付けました~♪

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

カーネクストで廃車を念入りにし、カーネクストで廃車もきれいに掃除しておきましょう。買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、ドロドロに汚れたカーネクストで廃車などより丁寧に洗カーネクストで廃車された方に良い感情を持つでしょう。そういうことだけでなく、カーネクストで廃車を洗っていない場合、小さな傷などの有無を確認するのが難しく、それが響いて査定額のマイナスにつながるかもしれません。それとカーネクストで廃車を洗う際、外装のみならずタイヤまわりなども汚れをきちんと落としておきましょう。カーネクストで廃車の査定は走行した距離が少ない方が査定の額は良くなります。走行距離が長ければ長いほどカーネクストで廃車が悪くなってしまうからです。そう言っても、走行距離メーターに何か細工を加えると詐欺になりますから、走った分はもうどうしようもないです。今度から、いつかはカーネクストで廃車を売りに出すことも頭に入れておいて無駄には走らないようにすることをお勧めします。カーネクストで廃車の査定を業者にネットで頼みたい場合ですが、個人情報の書き込みが必須の申し込みシートを使っている業者がとても多いのが現状です。ネットで簡単に査定を受けてしまいたいところだけれど、しつこく電話がかかってきたりしないかなどの不安から、査定の手続きをネットで行なうことに気が引けてしまうかもしれません。ですが、そういったユーザーの声に応えたのか近頃は、電話番号など個人情報の記載不要で査定額がどんな値段になるのか、大体のところを知らせてもらえるサイトも現れていますし、試しに利用してみるのはいかがでしょうか。買取業者にカーネクストで廃車の査定を頼みたいのであれば、大変便利に使えるのが一括査定サイトです。でもこれを使うと、業者から営業電話が入ってきますしメールの案内もたくさん来ることを知っておきましょう。対処の仕方はあります。電話を着信拒否にするため申し込みの時に携帯番号だけを入力し、今回限りの捨てアドをメール欄に入れると良いです。それから、ネットではなく実際のカーネクストで廃車の査定の方も一社でなくいくつか業者を使うようにするのがおすすめです。ネットを使って、カーネクストで廃車査定のおおよその相場が分かります。大手の中古カーネクストで廃車買取業者のウェブサイトなどを検索することで、カーネクストで廃車の買取価格の大体の相場がでてきます。相場を調べておくことで、相場より安く売って損してしまうこともないので、事前の確認を怠らないようにしましょう。しかし、カーネクストで廃車の状態によって変わってしまうので、相場の価格通りに確実に買い取ってもらえるとは限りません。買取業者によるカーネクストで廃車の査定を考える際に覚えておきたいことは、まず買取業者は一社ではなく複数使って査定を受けるようにし、洗カーネクストで廃車して汚れは落としておき、スムーズな手続きのために必要書類は揃えておくこと、でしょうか。言うまでもないことですが、後々話がもつれるようなことになってはいけないので、修理歴があることなどは査定に響くからといって黙っておくことはしないで申し出ておきましょう。もしも業者の出す査定額が不服ならそこはきっぱりあきらめて次に行きましょう。中古カーネクストで廃車の査定額は一言で言うと買取業者によりけりです。相場以下の値段で愛カーネクストで廃車を買い取られてしまうのは残念なことです。そんなことのないように、最初から買取業者を選んでしまわず複数の業者から見積もりを出してもらうようにします。しかし、そうやって手に入れた見積もりの額とカーネクストで廃車を見て業者が実際に出す査定額とは違ってきますので、じゅうぶん注意しておくといいです。まれに、ネットの見積額は高く出して、相場と比べて相当お安い査定額を出してくるようなたちの悪い業者もいることはいます。自動カーネクストで廃車の査定を頼む時は、面倒かもしれませんが、スタッドレスタイヤをつけて出すのではなく、いわゆる標準タイヤに換えておきましょう。査定を行う時、スタッドレスタイヤはマイナスになるものです。使用状態が良かったらまとめてスタッドレスタイヤも買い取ってもらえることもありえますが、溝がなくなっていると、処分にお金がかかってしまうかもしれません。カーネクストで廃車の査定を受けることになって、その前に、カーネクストで廃車体についた傷をどうしたらいいか悩む人は結構多いみたいです。これは傷の大きさによります。小さくて自分で直せそうなら、直しておくにこしたことはありませんが、あまり修理にこだわらなくても結構です。理由は時間とお金をかけて傷を直し、それで査定額がプラスされたとしても100%ほぼ間違いなく修理にかかる金額の方が大きくなるからで、そこそこ大きな傷は直さずにその状態であまり気にせず査定を受けてしまいましょう。実物のカーネクストで廃車を査定する段において、出張査定を選ぶ人も割と多くいます。なんといっても自宅で査定してもらえて楽ができ、運転しなくて済むのでガソリン代も浮きます。楽ですがしかし、頼みを断れないタイプの人は自分の所に業者を呼んで査定を受けるより、業者に持ち込みでそちらで査定をしてもらう方がどちらかというと向いているでしょう。業者に対しわざわざ来てもらったという思いを持つと、なかなか断るのは難しくなるようです。